本文へスキップ

「マカチョーケー(まかちょーけー)」でおなじみの新紀尾井町法律事務所

「マカチョーケー(まかちょーけー)」過払い金請求もお任せ!

借金が返ってくるのはこんな人バナー

琉球放送RBCiラジオキャプチャー「マカチョーケー(まかちょーけー)」と琉球放送RBCiラジオでCM放送中の「新紀尾井町法律事務所」です。

CMでもご案内している通り、「借金がなかなか払い終わらない」、「過去に借金を返済し終えている」という方に耳より情報です。

「20%を超える金利を支払っている」又は「過去に支払っていた」場合は【過払い金請求】をすることによって払い過ぎた借金を取り戻すことが可能になる場合はあります。

過払い金が帰ってくるケースバナー
ひょっとしてあなたも当てはまっていませんか?
「もしかすると私も・・・」という方は、お電話(通話料無料フリーダイヤル)又はメールにて無料相談をご利用下さい。
今すぐ無料相談!過払い金のことなら「マカチョーケー(まかちょーけー)」!!
相談バナー

過払い金の仕組みバナー

2つの利息制限法

平成22年6月18日改正貸金業法が施行されるまで、消費者金融業者が顧客から受取ることができる利息の上限が二つの法律「利息制限法(上限20%)」と「出資法(上限29.2%)」で違っていました。
大手を含む消費者金融業者は高い利息の出資法を基に、上限29.2%という金利で貸付を行ってきましたが、昭和39年以降多数の最高裁判決で、「利息制限法の上限利率20%を越えて支払った利息は無効である」という解釈が一般的になりました。

そのため、長い期間「利息制限法の上限利率を超えた利息」を払い続けてきた人は「払いすぎた利息を返してもらう【過払い返還請求】」ができるようになりました。
また、過払い金は過去に遡って請求する事も可能です。(完済してから10年未満であることが条件)

利息制限法と出資法の差

過払い金の発生するメカニズム現在、利息制限法での上限金利は左記のように法律で決められています。
  • 〜10万円の場合20%
  • 10〜100万円の場合18%
  • 100万円以上の場合15%
左記の図のように出資法の上限29.2%で支払っていた利息と利息制限法の上限20%での利息の差額が過払いとなります。
当然、過払い金は元金に組み込まれますので、長期間支払い続けていると、元金の完済後も支払い続けている状態になります。
これが、過払い金の発生の仕組みとなります。

あくまで計算上の目安ですが、もしあなたが5~6年前に100万円の元金を29.2%金利借りていた場合、既に元金は払い終わっていて(もう支払う必要がないという意味)、過払い金として50万円前後を取り戻せる可能性があります。
(返済の方法などにより変動します)
この過払い金のことを知らずにまだまだたくさんの方が返済しているのです。

「ひよっとしたら自分も過払い金があるかもしれない」という方の為に下記「過払い金計算シミュレーター」をご利用下さい。

過払い金が帰ってきた事例バナー


800万円を取り戻した沖縄県・沖縄市在住のTさん

Tさん(男性60歳)は15年前から、信販会社、大手消費者金融の合わせて7件から借入をしていて、相談の電話を頂いたときは、約200万円の借金が残っていました。
ところが取引情報を請求して、利息制限法に従って再計算したところ、Tさんの借金はすでに支払い終わって、さらに700万円余りも多く支払いをしていることがわかりました。
弁護士は数社に対して過払金返還の裁判を起こし、最終的に金融会社から、利息などを含めて800万円余りを取り戻すことが出来ました。

おまとめローンでまとめて返した過払い金120万円を取り戻した長崎県・長崎市在住のKさん

Kさん(男性42歳)は約10年前から消費者金融から借り入れし、2010年に複数の借入をおまとめローンで一括返済しました。
おまとめローンで支払は以前より少し楽になったものの、残債はなかなか減りません。
そんな時、「過払い金請求」のことを知り、当事務所へ相談し、手続きを開始。
おまとめローンで完済した3社から120万円の過払い金を取り戻すことができ、それを支払中のおまとめローン分の返済にあて、支払いもまもなく終わるとのことです。

18年間支払続け640万円の過払い請求をした沖縄県・久米島在住のMさん

久米島にお住まいのMさん(男性40歳)は18年前から大手消費者金融で借金を始め、3件は合計で100万円の残高がありました。
毎月の返済が厳しく、弁護士に相談し、再計算したところ500万円もの過払いになっている事がわかり、更に支払が終わっている金融業者もある事がわかって、合わせて640万円の過払い状態でした。
弁護士に依頼した時点で、もう支払いは必要なくなり、その後2件と話し合いがついて、250万円を回収しており、さらに残りの2件が交渉中です。

時効成立間際に過払い金があることが判明した長崎県・佐世保市在住のMさん

Mさん(女性72歳)は1985年前頃から消費者金融から借り入れ、2001年に無事完済。
息子さんが過払い金のことを知人から聞き、調べたところ、完済してから10年で時効となり、請求ができなくなると知り、母親に過払い金請求を勧めめました。
ところが、「そんなことがあるはずがない。借りたものをきちんと返したのだから、もうその話はよしてくれ」と話を聞き入れてくれません。
困り果てた息子さんが当事務所へ相談。
母親を説得し、取引情報だけでも取り寄せてもらってみては?とアドバイス。
取り寄せた取引情報を利息制限法に従って再計算したところ、300万円近い過払い金が発生していることが判明。
なんと、その時は時効成立1ヶ月前。
あと1ヶ月遅かったら、利子を含めた320万円ほどの過払い金を取り戻すことはできませでした。

娘さんの機転で400万円の過払い請求を起こした沖縄県・恩納村在住のSさん

恩納村にお住まいのSさん(女性75歳)は昭和の頃から大手消費者金融に借入をしており、金額は少額でしたが、毎月毎月借りては返してを繰り返してきました。
娘さんが当事務所のホームページを見て、相談したところ、既に400万円以上の過払いが発生していました。
現在金融業者と交渉中ですが、まもなく回収の見込みです。

家族に内緒の借金で苦しんでいた沖縄県・石垣市在住のKさん

石垣市のお住まいのKさん(女性35歳)は12年位前から、家族に内緒で2件の消費者金融から借金をして、今まで月々の支払をしてきました。
しかし、ご主人の収入が減ってしまい、返済が苦しくなって相談のお電話を頂きました。
計算すると過払い金は合計で80万円程ですが、月々の支払は今後一切不要になり、家族に心配掛けずに済んで、今は安心して生活できるようになりました。

次はあなたの番ですバナー

「ひよっとしたら自分も過払い金があるかもしれない」という方の為に下記「過払い金計算シミュレーター」をご利用下さい。

相談バナー

過払い金相談方法バナー


過払い金請求の流れバナー
ご相談から過払い金の計算までは無料で承っております。
カンタン手間なし、まさにマカチョーケー過払い金請求!!今スグご相談下さい!

相談バナー

よくある質問バナー

+Q:すでに消費者金融に全額返済しているのですが、過払い金請求は可能ですか?
+Q:クレジットカードのキャッシングを利用していましたが過払い請求可能ですか?
+Q:6年近くらい支払いを続けてきましたが、ここ半年ぐらい滞納でも金融業者から何の請求もありません。何故?
+Q:利用明細や契約書、完済証明書などを全て捨ててしまっているのですが過払い請求をすることは可能ですか?
+Q:過払い金の請求をするとブラックリストに載りますか?
+Q:過払い金請求を依頼した場合、弁護士費用はいくらかかりますか?
+Q:不動産を担保にして借入れをしていますが、過払い金を請求した場合、不動産は手放さなければなりませんか?
+Q:7年程前から借り、最近返済が苦しく金融業者に相談したら「元金だけ分割返済で良い」ということで再契約しました。
+Q:タレントを使ったTVコマーシャルなどをしている大手金融業者でも過払い金は発生することがあるのでしょうか?
+Q:10年ほど前に消費者金融へ全額返済したのですが、過払い金の請求はできますか?
+Q:何年支払続けたら過払い金が発生するのでしょう?
+Q:かつて29%ぐらいの金利で、最近18%くらいになりました。この場合でも過払い請求は可能ですか?
+Q:過去に完済したのですが、どこの業者かはっきり覚えていませんが大丈夫ですか?
+Q:相談は無料とのことですが、いつからお金がかかりますか?
+Q:いわゆる銀行の「おまとめローン」で消費者金融からの借金を一本化した場合は過払い金が発生しますか?
+Q:過払い金請求した場合、家族や会社にバレますか?
+Q:過払い金請求の手続きは面倒なのですか?
+Q:過払い請求をすることで消費者金融から嫌がらせを受けたりしますか?
+Q:過払い金請求をすることで、将来住宅や車のローンが組めなくなったりしますか?

私は過払い金に該当するのバナー

弁護士費用バナー

過払い金請求費用

 事前にお支払い戴くもの  着手金 0円 
 過払い金回収時に戴くもの  報酬額 @過払い回収額の
 訴訟にならない場合…20%
 訴訟になる場合…25% 

残債務がある場合の過払い金請求費用

 事前にお支払い戴くもの  着手金 0円 
 過払い金回収時に戴くもの  報酬額 @過払い回収額の
 訴訟にならない場合…20%
 訴訟になる場合…25%
A残債務の額の10% 
※ご不明点はお気軽にお気軽にお問合せ下さい。
※消費税は別途頂戴いたします。
その他の債務整理手続き費用はこちら


相談バナー

弁護士事務所案内バナー

 事務所名  新紀尾井町法律事務所(シンキオイチョウホウリツジムショ)
 弁護士  代表弁護士 田中英雄(東京弁護士会所属 No.10594)
 山本唯倫(第一東京弁護士会所属No.45773)
 江口大和(第二東京弁護士会所属No.49752) 
 電話番号  北は北海道、南は沖縄まで。全国から相談受け付けております!
 通話料無料フリーダイヤル
フリーダイヤル
 受付時間10:00〜21:00 土日祝日も相談可能
 仕事帰りや休日も相談可能!!

 所在地・アクセス  〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3−20紀尾井町鶴屋ビル2F

▼JRご利用
・JR「四ッ谷駅」麹町口-徒歩15分
▼地下鉄ご利用
・有楽町線「麹町駅」1番出口-徒歩2分
・半蔵門線「半蔵門駅」1番出口-徒歩5分
・南北線「永田町駅」9a出口-徒歩6分
・丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」D出口-徒歩10分
ごあいさつ

+地図(googlemap)

「ひよっとしたら自分も過払い金があるかもしれない」という方の為に下記「過払い金計算シミュレーター」をご利用下さい。

相談バナー
+無料相談メール +ご利用規約